■感想など■

2011年02月07日

[PAIN]『Piece.02』「おいらにはわからないこと」〜絡み合う二匹のケモノ〜

■■【2】■■

「中に出してもよかったのに……」
 ティファが、くすっと笑みを浮かべながら上半身を起こした。肥大した二つの乳房が、ゆらっと重そうに揺れる。
 その乳房と、滑らかな腹には、白い粘液が飛び散っていた。あれがおそらくクラウドの精液だろう。彼はティファの胎内に放つ事無く、彼女の腹に射精してみせたのだ。
 ティファは枕元のティッシュで、手早く乳房から垂れる彼の精液を拭った。そして次には、タオルでもう一度拭い、顔や手足の汗を軽く拭き取る。その表情はサバサバしており、どこか、スポーツを終えた時のような、トレーニングを終えた時のようなさっぱりとした雰囲気があった。
 少なくとも愛を交わした、とろけるような蜜の香りは無い。
「私、もうちょっとでイクところだったのよ?」
「……すまない」
 クラウドは溜息と共に小さく呟き、ティファが差し出したティッシュを股間にあてがった。おそらく、自分で陰茎についたティファの粘液と精液を拭っているのだろう。
「いいわ。ヴィンに満足させてもらうから」
 ティファはそう言うと床に立ち、イスにかけてあったガウンを素裸に羽織(はお)った。そうして軽く髪を整えると、屈み込んでクラウドの頬にキスをした。
 軽い、挨拶のようなキスだ。
「じゃあね」
 身を翻して入り口に向かって歩いてくるティファに、『彼』は慌てて廊下の暗がりに身を潜めた。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★