■感想など■

2011年04月27日

[LIPS]『Piece.04』「二人の睦」〜愛しあうということ〜

■■ Scene.02 ■「クラウド」■■
 薄明かりの下の、いつもの睦み。
 交わり。
 ティファの「匂い」は、俺を安心させる。
 ほっ……とするんだ。
 ちるちると舌をすすり、唇を嘗めるキス。
 相手の全てを味わおうとする貪欲な大人の口付けを、二人で楽しむ。
 吐息までも吸い尽くし、その魂をも取り込もうとするのは、相手が愛しいから。
 自分の一部にしても良い程、愛しくて必要だからだ。
 俺はそう思う。

「ぷふ……ふああん……」

 くうん……

 唇を離した途端、ティファは切なげに俺の首に噛り付き、甘く啼いた。
 鼻を鳴らし、裸の胸を俺の体に擦り付ける。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★