■感想など■

2011年05月09日

[LIPS]『Piece.04』「二人の睦」〜愛しあうということ〜

■■ Scene.05 ■「クラウド&ティファ」■■
=クラウド・=ティファとして読んで下さい)

 彼は再び律動を再開し、ティファの素晴らしく長く、きゅ……と引き締まった両脚を揺らす事に、没頭し始めた。
 ぶちゅ……と粘液質の水音が響くほどに根元まで差し入れ、下腹と彼女の太股の帰結点が密着するまで押し込んでいる。そうしておいて今度は、今にも外れてしまいそうなくらい浅くまで抜き出すのだ。
 それは、ティファの膝の裏に両手を当て、彼女の体を二つ折りにしての行為だった。そのために彼女の両脚は天を指し、彼が突き入れる度にゆらゆらと揺れるのだ。
「あう……うーー……うーーー……」
 必死に歯を食いしばり、涙がいっぱいに溜まった両目で、一生懸命彼の姿を探しているティファの意識は、嵐の前に消えてしまいそうな蝋燭の炎にも似て、今にも暗闇に呑まれてしまいそうだ。
 その時、不意に彼は律動を緩慢にし、彼女の両脚をシーツに下ろした。そうして、両脚から手を離すと、汗でしっとりと濡れた彼女の赤い頬を両手で包み、ねっとりと濃厚な口付けをする。
「あ……は……んむ……む……」
 彼女は夢中になって彼の舌を迎え入れ、彼が送り込む唾液を鼻を鳴らして飲み下した。

 彼女の滑らかな舌を、ねろ……と自分の舌に絡め、ちゅるちゅると吸う。
 それだけでティファは甘えた吐息を漏らし、もっともっと……と貪欲に激しく、俺の唇を求めてくる。
『かわいいなぁ……』
 そんなティファを、俺はいつもそう思う。
 奇麗で、利発で、気が強くて、けれど俺の前では「弱さ」をさらけ出し、とろとろにとろけてしまうティファ。
 そんな姿を見る度に、
 もっとえっちにしたい。
 もっととろとろにしたい。
 ……そう思うのだ。

続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★