■感想など■

2011年06月01日

[LIPS]『Piece.04』「二人の睦」〜愛しあうということ〜

■■【2】■■

 ティファが愛娘アーシェスを産んでから、既に2ヶ月が過ぎようとしている。
 腰の辺りまであった艶やかな黒髪は、今は背中の中ほどで切り揃えられ、三つ編みにまとめられていた。
 もともと化粧を好む性質(たち)ではなかったが、シエラに言われ、現在では自然モノの化粧水をつけるだけとしている。唇にもリップクリームを時折付けるだけで、出掛ける時以外は、口紅を付ける事も無い。
 イヤリングは、愛娘が間違って呑み込まないように、家では決して付けなかったし、衣服も、金属類の無い、綿や絹などの天然繊維だけと、徹底している。
 たとえ外見が地味になろうとも、それを躊躇する「弱さ」は、今のティファには無い。
 全ては、愛しい我が子のためなのだ。


「あ……あふっ……やぁん……」
 ティファの乳房は、どこまでもふにふにと柔らかく、彼の指を迎えてくれていた。さすがにバストラインは出産前よりも下がってはいるが、それでもその張りと瑞々しさは失っていない。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★