■感想など■

2011年06月15日

[LIPS]『Piece.04』「二人の睦」〜愛しあうということ〜

■■【2】■■

「ん………………」
 ちろっと、彼の右の乳首に舌を這わせる。
 それが始まりの合図だった。
 くすぐったそうに身じろぎする彼を、強引に押え付けるようにしてキスの雨を降らせた。
 薄いチョコレート色の乳首をついばみ、決して濃くはない胸の毛を舌で撫でつけ、鎖骨の出っ張りを咥えるようにして唇でなぞった。
 脈動する血管を感じながら首筋にキスをして、こりこりとした左の耳たぶを、カリッと軽く噛んだ。
 恋人の誘いを焦らすようにして躱す乙女のように、彼の唇には触れずに頬をなめた。
 彼女を非難するような彼の瞳は、罰を与えるかのように強引に閉じさせ、その瞼をくすぐるようにキスをした。
「あんっ……」
 ついに我慢できなくなったのか、彼は彼女のバスローブに手を滑り込ませ、柔らかでありながら命の張りに満ちたお尻を、直接ぎゅむ……と両手で掴んだ。けれど、その両手を彼女は、子供の“おいた”を咎める母親の眼差しで彼を睨みつけながら、少し乱暴に払いのけるのだ。
「ダメよ。今日は“私が”クラウドを抱くの」
「俺は何もしちゃダメなのか?」
「クラウドはガマンするんでしょ? だから、じっとしてなくちゃダメ」
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★