■感想など■

2011年07月05日

[LIPS]『Piece.04』「二人の睦」〜愛しあうということ〜

■■【4】■■

「ベッドの端に座っていいよ。そのまま少し下がって……そう」
 とすん……とベッドに座り、彼女は両腕を体の横でシーツに付けた。
「んぅ……ん……ん……んふ……ん……」
 キスは続く。
 何度も嘗め、咥え、啜り、しゃぶる。
 唇の裏も、真珠のような歯の裏も、舌の裏表全てを味わう。
「あぁ……あ……」
 唇を離すと、彼女は上半身をふらふらさせながら喉を鳴らした。
 俺は、彼女の唇の端から垂れた涎を優しく拭いながら、左手の指で彼女の右乳首を“きゅむっ”と摘んで捏ねる。
「くぁん……あん……あ……」
 乳房を掬い上げ、たぷん……と落とす。
 ゆったりと捏ねながら、親指で乳首を転がした。
「おっぱい……きもちいいの……いいの……」
 甘えて、全てを俺に委(ゆだ)ね切った声だ。
「下着、脱ごうか」
 俺の声に、嬉しそうにこくりと頷く。
 俺は彼女の前に膝を付いて、ショーツの端に指をかけた。
「ほら、お尻上げて」
「……うん……」
 するり……とショーツは太股まで一気に引き下ろされる。
「ああ……もうこんなだ……」
 ショーツの股間の部分がぬるぬると濡れて、電灯の光をねっとりと弾(はじ)いていた。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★