■感想など■

2011年07月15日

[LIPS]『Piece.04』「二人の睦」〜愛しあうということ〜

■■【6】■■

「きもちいいの……」
 ぴくっ……ぴくっ……と両足が震え、性器がぬる……と蠢いた。
 指で、包皮をとんとん……と軽く叩いてみる。
「ん……ん……」
 ぴくっぴくっと腰全体が震えた。
「両手で体を支えて……そう……腰を突き出して……」
 俺の言うとおりに、彼女が卑猥で淫靡なポーズを取る。
 てらてらと濡れたあそこと密生した柔毛と、大きく張り出し揺れ動く乳房、そして目隠しして薄く口を開けたまま、呆けたように快美感を甘受する可愛い顔が一望出来るポーズだ。
 目隠ししているためだろうか。
 自分がどんなに恥知らずな格好をしているのか、気付かないのだろう。
「えっちだねぇ……。そんなに触って欲しいの?」
「さわって……ください……」
「じゃあ……」
 中指を、ちぷっ……と沈めた。
「ああ……ぬかるんでるよ。ぬるってしてる」
「……ぬるぬる……?」
「第一関節まで、ぬるる……って入ったよ」
「うん……うん……」
 立ち上がり、屈み込んで、うっとりとした彼女の唇にキスをした。
「ん……」
 舌で、彼女の滑らかな口の中をたっぷりと嘗める。
 そうしながら、彼女の“カタチ”を確かめながら指を動かした。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★