■感想など■

2011年10月30日

[THEM]『Piece.02』「悔恨の女達へ」〜心を強くしなやかに〜

■■【1】■■


 ユフィが何も言わず、ティファの背後から彼女を抱きしめた。

 体が小刻みに震えている。
 いつもは強気で何者にも負けない忍者の子孫が、今は己の小ささ、弱さをまざまざと思い知って心細さに誰かにすがりたいと強く願っていた。
 震えは、体の奥から湧き上がるものだ。
 下腹の奥から脊髄を揺さぶり、それは首の後の産毛の一本一本さえも逆立たせる。
 ショートカットの、野鹿のようにしなやかな体躯の少女は、両腕の中のあたたかな温もりに、ただ全身を預けていた。
「ユフィ……?」
 おずおずとティファがユフィを肩越しに振り返る。
 が、ユフィはおでこをティファの艶やかな黒髪に押しつけたまま、ふるふると首を振って顔を見せる事を拒否した。ティファはそっと溜息をつき、それでも胴に回されたユフィの思いの他華奢な両腕に手の平を重ねる。そして、2回だけぽんぽんと叩くと、出来るだけ優しい声で話しかけた。
「ね、お茶……しようか?」
 それでもユフィは、ふるふると首を振る。
 今は何もいらない。
 ただこうしていたい。
 ティファはそれだけで、少女が受けた心の傷が思ったよりも深い事にようやく気付いたのだった。


 エアリスの背中には、引き攣れたような赤い線がくっきりと残っていた。
 魔法で自己治癒力が促進された傷痕(きずあと)は今はもうすっかり塞がれ、新たな肉が萌芽したその部分は、つやつやとした赤ん坊の皮膚のようなピンク色をしている。そのピンクの部分が、背中を見せている羞恥によって血流が活発になり、赤く見えいるのだった。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★