■感想など■

2011年12月19日

【ボクキミ】8

■■【8】■■

「えっと……じゃあ、その……そろそろ……」
「お、おう」
 決して広くは無い部屋の中央で立ったままお互い顔を赤くし、まるでお見合いのようにもじもじと相手の様子を伺っていたユウと哉汰だったが、不意に当初の目的を思い出したかのように言い合うと、おずおずと向かい合った。
 そうして、不意にユウが床の絨毯に膝をついて、神様に祈りを捧げる修道女(シスター)さながら、目を瞑って頤を上げる。なるほどこうすれば、キスするのにおっぱいが邪魔になるということもなさそうだった。
 とはいえ、ユウがベッドに座ってキスすれば、さほどその巨大なおっぱいも邪魔にはならないはずだが、それを哉汰が提案する前にユウが行動を起こしてしまったため、結果的に言いそびれてしまった形だ。
 なぜなら身長180センチ近くある背の高いユウが、背の低い152センチの哉汰の前に膝をつくと、キスするのに丁度良い高さになる。たったまま哉汰がちょっと屈めばいいからだ。ところが立ってしても、そしてユウがベッドに腰掛けても、ベッドの床からの高さがそれなりにあるため、どうしてもユウの目線が自分よりも上に来てしまうのである。
 哉汰が「ベッドに腰掛ければ良い」と、あえてユウに言い直さなかったのは、男としては形だけでも『自分から女にキスしたい』と思うささやかなプライドからだった。目線が上だと、どうしても「キスされている」という印象が先に立つのだ。たとえ相手が本当は男だとしても、今は女なのだから、そこは譲れない一線だった。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★