■感想など■

2012年01月02日

【ボクキミ】10

■■【10】■■

「おまっ……は、はげし……」
 腰が抜けた感じがする。
 脚がガクガクして哉汰は思わずふらつきそうになった。それに、かろうじて射精は免れたがパンツの中身は既に先走り汁でぬるぬるだ。
 ユウを見ると顔が真っ赤に紅潮し、目は涙で潤んで“とろーん”ととろけ、口は半開きで唇の周りが唾液で濡れている。あきらかに“出来上がった”状態であり、もし今、哉汰がここで押し倒してTバックを脱がせても、何の抵抗も無く両脚を広げてセックスを受け入れてしまいそうな雰囲気があった。

 それにしても……

 哉汰は思わず“ぐびび”と喉を鳴らした。
 この状態のユウの「エロさ」は異常だった。汗ばんだ肌から立ちのぼる匂いは甘く、香しく、哉汰の脳の原始的で動物的な部分を直接刺激するような淫猥な力に満ちていた。深いクレヴァスを思わせる乳房の谷間はユウが身を捩るたびにむにむにと形を変えて哉汰の手の愛撫を誘っているかのようだった。
 あえて重ねて何度も繰り返すが、思春期の男の子の頭の中はエロい妄想でいつもいっぱいでマグマのように“ぐつぐつ”と煮えたぎっているものだ。いくらネットでその手の画像が氾濫していたとしても男の子にとって女の子の体というのはファンタジーに満ちており、jpg画像やavi動画や雑誌や写真集などでは到底満たされることのないエロスな飢餓感というものは、こうした現実の、目の前の、今すぐ触れる距離にある女の肉体によってのみ充足されるものなのだ。
 そのため哉汰にとってユウの体というのは、いくら理性では「元は男の体」だと理解していても、感情……原始的な欲望の情動では、そのおっぱいも触れたくて嘗めたくて吸いたくて揺らしたくて責めたくてたまらないものに変わりはなかった。
 だから、
「カナちゃんにはお世話になってるし……だから、いいよ?」
 と、甘ったるい声で言われた時、哉汰は自分でも気づかないうちに口元がだらしなく緩んでしまっていたことに気付かなかった。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★