■感想など■

2012年01月09日

【ボクキミ】11

■■【11】■■

 翌日、早朝の学校に登校し、無人の教室で哉汰は一人、何をするでもなくぼんやりとしていた。
 まだ誰もいない教室の空気はひどくひんやりとしている。それなのに哉汰の頭の芯は妙にカッカと熱かった。
 いつもの登校時間より、一時間も早い。
 廊下からは朝練に向かう運動部員のものらしい足音と声が、他の教室からはドアの開く音や閉まる音が時折聞こえる。
 雑然と並んだ机達。
 視線の先には古ぼけた教壇。
 チョークの粉がこびりついたままの何も書かれていない黒板。
 右下の日直の欄には、昨日の担当だった山下と羽田の名前。
 時間割と校内便りや様々なお知らせが貼られた掲示板。
 昭和チックに古ぼけたスピーカー。
 スピーカーの上にある、丸く飾り気のないアナログ時計は、7時13分頃を指している。
 中庭に面した窓に目をやれば、朝日に透けたスカイブルーのカーテンの向こうに、昇降口へと向かう生徒の姿が散在していた。
 そこにはいつもと変わらない、何の変哲もない日常があった。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★