■感想など■

2012年06月30日

【ボクキミ】ユウ3

■■【3】■■

 翌日。
 10月29日の土曜日。

 午後になって再び「彼」に、「彼」の借りているアパートへと呼び出され、真摯な説得も空しく、再度「彼」とキスをしなければならなかった。
 明るい部屋の中で、今度こそハッキリと目の前で変身して見せることで、彼から「実は男であるウィッチとキスする嫌悪感」を引き出そうとしたが、彼はそんな事は全く気にしなかった。
 昨日、付けられたチョーカーは、今日は付けられなかった。少し不思議に思ったが、キスを急かされてどうでも良くなった。
 前日は、嫌々ながら自分からしたキスだったが、この日は途中から「彼」に主導権を握られた。

 荒々しい、キスだった。

 何もかも奪い、剥ぎ取り、それでいて自分の存在を心の奥底に楔のように打ち込もうとするかのような、強引で野卑で暴力的なキスだった。
 気付いたら跪かされていた。
 哉汰とキスする時のように、おっぱいが邪魔にならないようにそうされたのだ。
 そして強引に抱き締められ、後頭部を手で押さえられながら息苦しさに身悶えしたのも束の間、唇や口内を舌が這い回り、嘗めたくり、啜り、誘い出された舌をキツく何度も吸われた。
 たらりと涎が口から喉元まで垂れれば、それすらも舌で丁寧に嘗め取られ、その行為と初めての感覚に首筋がぞくぞくした。
 揺さぶられ、翻弄され、植え付けられた。
 快楽の種を、体の奥底に植え付けられた。
 何度も気が遠くなりかけた。
 長い長いその行為が終わると、ふらつく足をどうにか律しながら、逃げるようにして「彼」の元から離れた。
 涙が、こぼれた。
 力が入らない。
 今にも腰から床に崩れてしまいそうだった。
 あそこがじくじくと湿って、濡れて、膣液が溢れ出して太腿を伝い落ちそうになっているのを知って絶望した。

 感じたわけじゃない。

 感じてなんかいない。

 そう何度も心の中で叫んだが、痛いほど硬く勃起した乳首がそれを裏切っていた。
続きを読む

2012年06月28日

【ボクキミ】51

■■【51】■■

 床に転がり動くことも出来ない哉汰に、高階は手を貸そうともせず、ベンチで悠々と足を組み直した。
 学校では仮面を被り隠し続けてきた顔を、もう隠す気など全く無いようだ。
「味方……?」
 哉汰は砂埃だらけの床から身を起こすと、やっとの思いで立ち上がった。咳き込み、口内に入った砂を唾と共に吐き出す。口内をどこか少し切ったのか、わずかに血が混じっていた。
 高階は哉汰の問いには答えず、つまらなさそうに黒縁眼鏡を外すと、無造作に胸ポケットへ入れた。
 どうやら、ただの伊達だったらしい眼鏡を外した高階は、さっきまでの理知的な雰囲気は消え、どこか骨太で野性的な雰囲気さえ感じさせていた。
「ユウの行方はこちらでも捜索を続けている。残念ながら、手掛かりがまるで無い状況だったが……不完全だが足取りも掴んでいた。……まあ、手を拱(こまね)いていたわけじゃないが、そう思われても不思議じゃないか。状況が状況だったもんでな。悔しいが、それに関しちゃ他のウィッチとの連携も取れずじまいで今日まできちまった」
「他の……ウィッチ?」
 急につらつらと高階の口を突いて出てくる単語に、哉汰は呆然と立ち竦んでいた。
「まだわからないのか。本気で頭悪いなお前は」
続きを読む

2012年06月25日

【ボクキミ】50

■■【50】■■

 哉汰の激した行動にも、高階は眉一つ動かさず、その開いているのかどうかも怪しい細い目で、彼を注意深く見ていた。
「少し痩せましたか?」
「はあ? ふざけてんのかあんたはぁっ!!」
「精神的均衡を欠いていますね。パートナーとしての適合性、親和性は想像以上のようですが……いや、しかし……」
「……っ!!」
 意味不明な言葉をぶつぶつと呟く高階に、哉汰は心の中がどす黒い何かで塗り潰されてゆくのを感じた。
 目の前が真っ赤になる。
 血流が激しさを増してこめかみが痛んだ。
 眼前の“敵”に向かって一息に駆け寄り、踏み込み、木刀を振り上げる。
 頭を狙った。
 当たれば、木製とはいえただでは済まない。
 良くて脳震盪、当たりが悪ければ頭蓋骨にヒビの一つでも入るだろう。
 それを知った上で力一杯振り下ろした。

 が、外れた。

 横凪ぎに振るう。
 また外れた。
 高階は哉汰の振り回す木刀を、まるで舞うように最小の動きで避けてゆく。
続きを読む

2012年06月24日

[LIPS]『Piece.05』「二人の明日」〜ようこそここへ〜

■■ Scene.01 ■「クラウド」■■

 ──気が、急いていた。

 車を降りて、一跳びに3段の石段を昇り、玄関の扉を開けるのももどかしく、駆けるように飛び込む。
「ストライフさん?」
 ……と、駆け足で受付を通り過ぎようとした俺を、ちょっと太り気味の看護婦がおっとりとした調子で呼び止めた。
 え? 何だ?
「ストライフさんでしょう?」
 な、何だ?
 どうしたんだ?
 何があったんだ?
 ティファに……ティファに何かあったのか?
 まさか……ティファに何か大変な事が……。
 子供……。
 そうだ、子供は!?
 俺達の……俺とティファの子供は!? 赤ちゃんは!?
 いやっ違う! まずティファだっ! ティファはっ!?
続きを読む

2012年06月23日

【ボクキミ】ユウ2

■■【2】■■

 10月28日の金曜日。

 下校途中に哉汰と別れて帰宅してから、優也はケータイの着信に対して、別段、特に疑問に思う事無く応えた。
「久しぶり。今度は何してたの?」
【ん〜……まあ色々なー】
「?」
 「彼」は哉汰との共通の友人だが、どちらかというと優也より哉汰との仲の方が良かったから、こうして自分に電話をかけてくるというのは珍しかった。それでも、久しぶりに耳にした顔馴染みの級友の声に、警戒心はすぐに霧散した。
 学校でも有名な「彼」は、実はある意味、自分にとってケガレなどよりももっと危険な存在ではあった。
 だが、ウィッチ関連に関しては必要以上に警戒し、今まで過度な接触はしないようにしていたから、逆に妙な安心感があった。
 ただの高校生で、クラスメイトで、人柄も決して悪いわけではない。
 そして何より、哉汰の友人だというのが優也に「安全」だと思わせていた。
 もちろん、ウルフの調べた交友関係にも、特に不審な点が見当たらなかったということもあった。
【それはそうと、ユーヤ、ちょおっと、話があんだけど】
 その「彼」が、「哉汰のことについて」自分にだけ話があるという。
 哉汰の名を耳にして、少し胸がざわついた。
 話とは何か。
 問いかけたが答は無く、いくら聞いてもはぐらかされた。
 彼はひとしきり学校や最近の出来事を話題にし、優也は彼が何の用なのか皆目見当もつかなくてただ相槌を打っていた。

 哉汰のことについて話があるのではないのか。

 話が無いなら、宿題があるからそろそろ……

 そう思い始めた時、「彼」は「哉汰のことで相談したいことがある」とだけ答えた。
続きを読む

2012年06月22日

色々と更新

 いろんなものを足したり、配置を換えたり、描き下ろしたり。
 とりあえずプロフィールは変えておきました。
 記事に「すぴばる」というブログパーツを設置してみたり。
 まあ、色々。
posted by 推力 at 00:04| Comment(4) | TrackBack(0) | ■つれづれ■

2012年06月21日

【ボクキミ】49

■■【49】■■

 翌日、哉汰は学校から呼び出された。
 普通の食事を胃が受け付けなくなってから、ゼリー状の健康補助食品を流し込むだけになった朝食の最中だった。
 そこに、親を通してではなく、哉汰のケータイに直接連絡が入ったのだ。

 ──昨日の件か。

 そう思った。
 もうバレたのか。
 最初はそれしか思い浮かばなかった。
 だが、呼び出したのは生活指導の教師でも学年主任でも担任でも教頭でも無かった。
 哉汰を呼び出したのは、あの数学教師の高階(たかしな)だったのだ。
 だから、これは昨日の夜の、校内への不法侵入&器物破損(園芸部のドアの鍵を壊した)が原因なのではないと、すぐに思った。
 何よりも、明日が三学期の始業式でありながら、その前日に呼び出す理由ではないと感じたからだ。
 自分でも意外だったのは、それを少しも不思議と思わない自分がいたことだ。
続きを読む

2012年06月20日

整理&追加

 ページトップの作品リストを作品目録にリンク。
 [TS]の作品目録を整理。
 ブログ設定で「Twitter」「mixiチェック」「はてなブックマーク」のブックマークを追加。

 ちょっといじってみました。

 あ、各ページに拍手を置いてみました。
 さっそく青玉さんからメッセあり驚きました。
 ありがとうございます。見てます。

posted by 推力 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ■つれづれ■

2012年06月18日

【ボクキミ】48

■■【48】■■

 大量の画像と膨大な情報。
 そこに、ユウに繋がる糸は必ず有る。
 そう信じ続けて、哉汰は画像の数々を凝視し続けていた。
 繰り広げられるユウの痴態。

 淫乱な行為。

 揺れる乳房。

 濡れる陰部。

 震える尻肉。

 爛れた情欲。

 溢れる淫液。

 注がれる精。

 性情報が脳を焼き陰茎に血流を促して熱を帯びた勃起を喚起するが、心は真逆に冷えていった。
続きを読む

2012年06月16日

【ボクキミ】ユウ1

◆◆◆ SIDE -ユウ- ◆◆◆

■■【1】■■


 護りたかった。

 全てのものから。

 護りたかった。

 取り巻く様々な悪意から。

 はじめての、友達を。


 それがボクの、たったひとつの望み。



 ────だった。



§         §         §


 朋坂優也は自分をホモセクシャル(同性愛者)だと思ったことは、今まで生きてきた人生の中で、ただの一度も無い。
続きを読む

2012年06月15日

土曜日の0時に

 【ボクキミ】のユウsideをアップしていきます。
 もう寝取られを隠す必要も無いですし、書き上げた分はさっさとアップしてしまおうかと。
 哉汰の苦悩の背後で、優也がどうしていたのか。
 その辺のことを明らかにしていきます。
 これで「その時何があったのか」の「客観的事実」「哉汰的主観事実」「優也的主観事実」の3つが揃います。
posted by 推力 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ■つれづれ■

2012年06月14日

【ボクキミ】47

■■【47】■■


 変身を解いて男に戻らないウィッチ・ユウ……優也。

 そこにどんな理由があるのか。
 好きに身体を嬲らせ、男達が柔らかな乳房を、とろとろに濡れた膣を思うまま楽しむに任せている。
 そして自らもそこから生み出される爛れた快楽に身を任せ、楽しみ、悦び、埋没していた。少なくとも哉汰には、そう、見えた。
 乳房を揺らし、腰をくねらせ、尻を振る。
 吸われ、噛まれ、抓られて刻まれた内出血が、変色して黒っぽく濁ってゆく白い肌。
 男恨を嬉しそうにしゃぶり、膣内に出された精液に身を震わせる。
 画像に写り込むユウの姿は、女でいることを、心から楽しんでいるようにしか見えなかった。

 もう、男である自分を捨てたのか。

 過去の自分を捨てたのか。

 信じたくはない。
 だがそうさせたのは、自分かもしれないと、哉汰は思う。
 ユウをこの地獄に追いやり、突き落とし、汚濁にまみれさせたのは、他ならぬ自分なのかもしれないのだと。
続きを読む

2012年06月11日

【ボクキミ】46

■■【46】■■

 この後、12月25日のクリスマスから28日の水曜日まで、ユウは様々な場所で、様々な男達と、様々な格好で抱かれていた。
 まるでヤクザに連れ回されるクスリ漬けの情婦か、暴走族に拉致された性処理用の哀れな犠牲者のようだった。
 便利に扱われ、遊ばれ、どこでも、そして誰にでも、好きな時に好きなように抱かれて膣内に汚液を流し込まれている“便利な女”そのものだ。
 変身を解けば消えるはずの傷や痣(キスマーク)が日を追う毎に変色し、そしてその数も増しているのを見ると、優也はクリスマス前後か、それよりずっと前から、女──ウィッチ・ユウで居続けているようだった。
 哉汰からの魔力供給も受けずに、こんなに長期間、女性の姿で居続け、その上、セックス漬けになり「女であること」を刻まれ続けて、ユウは心身共に疲弊しきっているように見えた。
 時々ある動画でも、目は虚ろで意味のわからない言葉を呟き、普通に立っているだけのはずが、ゆらゆらと揺れている。
 ユウとしてのアイデンティティが崩壊しつつあるのか、精神に変調を来しているのは明白だったが、男達は全く気にしていないようだった。

 12月29日の木曜日のページでも、ユウはオモチャのように扱われ、その身体に男達の行為を刻まれ、それでもへらへらとした笑みを浮かべながら男達の“精液便所”となっていた。
 この日、フリーのアドレスボックスに差出人不明のメールが届き、哉汰はこのサイトを知ったのだ。それが幸か不幸か、唯一の手掛かりなのは皮肉以外の何物でもなかったが。

 30日の金曜日は、何か大きなイベントらしきものに連れ出されたユウが写っていた。
 そしてそれは、「便所女」の姿でありながら、サングラスをしていない、初めての画像だった。
続きを読む

2012年06月07日

【ボクキミ】45

■■【45】■■

 哉汰はカナケンとの会話を適当に切り上げると、再び個室に戻ってパソコンを復帰させた。
 ブラウザの、12月22日の木曜日のページを開く。
 哉汰はこの日、このネットカフェでユウと出会っている。
 出会って、いたのだ。
 しかし、あの時はそれに気付かなかった。
 否、気付けなかった。

 だが確かに、ここにユウはいた。

 22日の映像には「便所女」が狭いネットカフェの個室で、ホスト風のチャラい男と密やかに濃密なセックスをしている様が写っている。
 それは、机の上のモニター横にカメラを置いて、そこから撮影しているような映像の中での出来事だった。
 少し薄暗く、隠し撮りのような雰囲気だ。
 狭い個室に入り、チャラ男はすぐにソファに座った。この時から既にカメラは回っており、撮影は男本人以外の第三者によって用意周到に組まれたものだという可能性を示唆させた。
続きを読む

2012年06月04日

【ボクキミ】44

■■【44】■■

 翌日の大晦日の街は、朝から騒然としていた。
 繁華街にある廃業して久しいカラオケボックスと、雑居ビル地下のクラブから、少なくとも併せて20人前後の変死体が発見されたのだ。
 遺体は全て男性で、ほとんどの遺体は衣服を着用しておらず体表面の腐敗がかなり進んでいた。また、争った形跡も無かったことから、警察は事件と事故の両方から捜査を始めたようだった。
 哉汰が8時に起きて階下に下りた時、リビングで母が見ていたテレビのニュースでは、既にそのカラオケボックスとクラブの周囲半径十数メートルが警察によって封鎖されており、関係者以外誰も立ち入ることが出来ないと報道されていた。
 また、番組コメンテーターによると、公表はされていないが、当局は毒物や細菌によるテロも警戒しているのではないか、とも言われていた。
 いつも使用しているネットカフェは、そのカラオケボックスのあるビルの隣にある。
 哉汰は呆然とした顔で、母の「今日は外出禁止」という言葉を聞いていた。

 ほとんど食事というものを摂らず、朝から晩まで「勉強」と称してどこかに消える息子に業を煮やしたのか、母にケータイを止められていた。
 ケータイの契約者である保護者の意向であれば、使用者の意思とは関係なくその使用が止められるのか。
 哉汰はそれを初めて知った。
 これでは、もし優也から連絡があっても出る事が出来ない。
 思わず激昂して母に暴力的な言葉を浴びせた哉汰は、久しぶりに見た父に殴られた。数年ぶりだった。前に殴られたのは小学校の5年生の時だったかもしれない。
 食事も摂らず、体力が衰え、不健康極まりない生活を繰り返していたツケなのか、父に対抗する事が出来なかった。
 仕事納めを迎え、正月休みで自宅に父がいた事にも気付かなかった自分に少なからず驚いたが、それよりもポケットの財布を没収された事の方がショックだった。
 財布には金だけでなく、ネットカフェの会員証やキャッシュカードなども入っていたからだ。
 それでも家を出ようとする哉汰を、母が泣いて止めた。
 気の強い母が泣くなど、今までほとんど見た事がない哉汰にとって、母の涙は最悪な鎖だった。
 卑怯だと思った。
 でも、どうしようもなかった。
 これが、「誰かを護れる男」には程遠い、ただの子供でしかない自分の限界なのか。
 そう思うと、虚無感だけが胸に満ちた。

 やがて夜のニュースで、総勢21人の男達の遺体から、司法解剖により死因が判明した、と報道された。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★