■感想など■

2012年06月04日

【ボクキミ】44

■■【44】■■

 翌日の大晦日の街は、朝から騒然としていた。
 繁華街にある廃業して久しいカラオケボックスと、雑居ビル地下のクラブから、少なくとも併せて20人前後の変死体が発見されたのだ。
 遺体は全て男性で、ほとんどの遺体は衣服を着用しておらず体表面の腐敗がかなり進んでいた。また、争った形跡も無かったことから、警察は事件と事故の両方から捜査を始めたようだった。
 哉汰が8時に起きて階下に下りた時、リビングで母が見ていたテレビのニュースでは、既にそのカラオケボックスとクラブの周囲半径十数メートルが警察によって封鎖されており、関係者以外誰も立ち入ることが出来ないと報道されていた。
 また、番組コメンテーターによると、公表はされていないが、当局は毒物や細菌によるテロも警戒しているのではないか、とも言われていた。
 いつも使用しているネットカフェは、そのカラオケボックスのあるビルの隣にある。
 哉汰は呆然とした顔で、母の「今日は外出禁止」という言葉を聞いていた。

 ほとんど食事というものを摂らず、朝から晩まで「勉強」と称してどこかに消える息子に業を煮やしたのか、母にケータイを止められていた。
 ケータイの契約者である保護者の意向であれば、使用者の意思とは関係なくその使用が止められるのか。
 哉汰はそれを初めて知った。
 これでは、もし優也から連絡があっても出る事が出来ない。
 思わず激昂して母に暴力的な言葉を浴びせた哉汰は、久しぶりに見た父に殴られた。数年ぶりだった。前に殴られたのは小学校の5年生の時だったかもしれない。
 食事も摂らず、体力が衰え、不健康極まりない生活を繰り返していたツケなのか、父に対抗する事が出来なかった。
 仕事納めを迎え、正月休みで自宅に父がいた事にも気付かなかった自分に少なからず驚いたが、それよりもポケットの財布を没収された事の方がショックだった。
 財布には金だけでなく、ネットカフェの会員証やキャッシュカードなども入っていたからだ。
 それでも家を出ようとする哉汰を、母が泣いて止めた。
 気の強い母が泣くなど、今までほとんど見た事がない哉汰にとって、母の涙は最悪な鎖だった。
 卑怯だと思った。
 でも、どうしようもなかった。
 これが、「誰かを護れる男」には程遠い、ただの子供でしかない自分の限界なのか。
 そう思うと、虚無感だけが胸に満ちた。

 やがて夜のニュースで、総勢21人の男達の遺体から、司法解剖により死因が判明した、と報道された。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★