■感想など■

2012年06月23日

【ボクキミ】ユウ2

■■【2】■■

 10月28日の金曜日。

 下校途中に哉汰と別れて帰宅してから、優也はケータイの着信に対して、別段、特に疑問に思う事無く応えた。
「久しぶり。今度は何してたの?」
【ん〜……まあ色々なー】
「?」
 「彼」は哉汰との共通の友人だが、どちらかというと優也より哉汰との仲の方が良かったから、こうして自分に電話をかけてくるというのは珍しかった。それでも、久しぶりに耳にした顔馴染みの級友の声に、警戒心はすぐに霧散した。
 学校でも有名な「彼」は、実はある意味、自分にとってケガレなどよりももっと危険な存在ではあった。
 だが、ウィッチ関連に関しては必要以上に警戒し、今まで過度な接触はしないようにしていたから、逆に妙な安心感があった。
 ただの高校生で、クラスメイトで、人柄も決して悪いわけではない。
 そして何より、哉汰の友人だというのが優也に「安全」だと思わせていた。
 もちろん、ウルフの調べた交友関係にも、特に不審な点が見当たらなかったということもあった。
【それはそうと、ユーヤ、ちょおっと、話があんだけど】
 その「彼」が、「哉汰のことについて」自分にだけ話があるという。
 哉汰の名を耳にして、少し胸がざわついた。
 話とは何か。
 問いかけたが答は無く、いくら聞いてもはぐらかされた。
 彼はひとしきり学校や最近の出来事を話題にし、優也は彼が何の用なのか皆目見当もつかなくてただ相槌を打っていた。

 哉汰のことについて話があるのではないのか。

 話が無いなら、宿題があるからそろそろ……

 そう思い始めた時、「彼」は「哉汰のことで相談したいことがある」とだけ答えた。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★