■感想など■

2012年06月30日

【ボクキミ】ユウ3

■■【3】■■

 翌日。
 10月29日の土曜日。

 午後になって再び「彼」に、「彼」の借りているアパートへと呼び出され、真摯な説得も空しく、再度「彼」とキスをしなければならなかった。
 明るい部屋の中で、今度こそハッキリと目の前で変身して見せることで、彼から「実は男であるウィッチとキスする嫌悪感」を引き出そうとしたが、彼はそんな事は全く気にしなかった。
 昨日、付けられたチョーカーは、今日は付けられなかった。少し不思議に思ったが、キスを急かされてどうでも良くなった。
 前日は、嫌々ながら自分からしたキスだったが、この日は途中から「彼」に主導権を握られた。

 荒々しい、キスだった。

 何もかも奪い、剥ぎ取り、それでいて自分の存在を心の奥底に楔のように打ち込もうとするかのような、強引で野卑で暴力的なキスだった。
 気付いたら跪かされていた。
 哉汰とキスする時のように、おっぱいが邪魔にならないようにそうされたのだ。
 そして強引に抱き締められ、後頭部を手で押さえられながら息苦しさに身悶えしたのも束の間、唇や口内を舌が這い回り、嘗めたくり、啜り、誘い出された舌をキツく何度も吸われた。
 たらりと涎が口から喉元まで垂れれば、それすらも舌で丁寧に嘗め取られ、その行為と初めての感覚に首筋がぞくぞくした。
 揺さぶられ、翻弄され、植え付けられた。
 快楽の種を、体の奥底に植え付けられた。
 何度も気が遠くなりかけた。
 長い長いその行為が終わると、ふらつく足をどうにか律しながら、逃げるようにして「彼」の元から離れた。
 涙が、こぼれた。
 力が入らない。
 今にも腰から床に崩れてしまいそうだった。
 あそこがじくじくと湿って、濡れて、膣液が溢れ出して太腿を伝い落ちそうになっているのを知って絶望した。

 感じたわけじゃない。

 感じてなんかいない。

 そう何度も心の中で叫んだが、痛いほど硬く勃起した乳首がそれを裏切っていた。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★