■感想など■

2012年07月02日

【ボクキミ】52

■■【52】■■

 「さっき、リスクを抱えてまで救い出さなければならない状態にはない……って言ってたよな。本当にユウは大丈夫なのか? まさか……」
 哉汰の言葉に、高階は胸ポケットから平たくカッティングされた蒼い宝石を取り出してテーブルの上に置いた。
「それは?」
「リンケイジ・ジュエル。この宝石は、ウィッチ・ユウの魂にリンクしている」
「魂?」
「正しくは『魂魄体(エルダー)』に、だ。輝きが失われてない以上、命だけは健在だ。だが弱い。いつもはもっと輝いてるんだが……」
 哉汰は宝石を手に取り、じっと見つめた。
「光が見えるか?」
「ああ」
「なら大丈夫だ。その光はウィッチと契約した者か、それに追従するもの、ウィッチが心許した者にしか見る事は出来ない」
 宝石は内側から光を発し、哉汰の掌を青い光で照らしている。
「もしこの光が消えたら、ユウはどうなるんだ?」
「同調者(リンカー)が死ぬと光も消える。透明度を失って濁り、時には割れる事もある。もちろん、光っている時にこの宝石が割れても、同調者には何の影響も無いがな」

 死ぬと消える光。

 弱くなった光。

 それはつまり、ユウが弱って今にも命が消えそうになっているということなのか。

「ユウが、ずっとそんな危険な状態にあったなんて……」
 正直、男達に犯され、体を穢されたとしても、命までは失わないと思っていたところがあった。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★