■感想など■

2012年07月08日

[LIPS]『Piece.05』「二人の明日」〜ようこそここへ〜

■■ Scene.03 ■「クラウド」■■
 窓を大きく開けて、ユフィが下に向かって小さく声を上げた。
 優しい風が、カーテンを揺らす。
「本当にいいの?」
 そして、ユフィは振り返って俺を見た。
「ああ、もちろんだ。アイツにも見せてやりたい」
 俺はティファを見、そしてみんなを見て、はっきりと言った。
 ユフィが、もう一度窓から身を乗り出すようにして、窓の外で誰かに話しかける。
「『じゃあ行く』だって」
 ……と、ユフィは窓から素早く離れた。
 そして次の瞬間、その「誰か」は、軽やかに身を躍らせ、実に見事なバランスで、細い窓枠にその巨体を乗せた。5階の窓まで一跳びで跳び上がったにもかかわらず、窓枠がたてるかすかな軋み音以外は、少しも音をたてない。
「さすがだな」
 思わず声が漏れた。
 燃えるような赤い体躯、そして鬣(たてがみ)は、数ヶ月前と少しも変わっていない。体のそこかしこに刻まれた幾何学模様は「戦人(いくさびと)の印」別名「戦士の魔除け」だ。
「やあ。ティファ、クラウド、おめでとう」
 四つ足で床に降り立ち、凛とした隻眼(せきがん)に柔和な光をたたえて、その獣は人間の言葉を口にした。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★