■感想など■

2012年07月12日

【ボクキミ】55

■■【55】■■

 部室を出ようとした哉汰に高階は言った。
 女の魔女(ウィッチ)は胎内にパートナー以外の精液を入れると不浄が溜まり、やがて堕落(フォールダウン)を起こす。これは男性型ウィッチには無い性質であり、堕落したウィッチは例外無く淫魔(サッキュバス)へと失墜(ソウル・ロスト)するのだと。
 そうなると後は、坂道を転がり落ちるように本人の意思とは関係無く他の男の精液を求めるようになり、やがて淫魔から高淫魔へと堕格後、不浄で練られた陰の気をケガレに喰われ、そのウィッチは、やがて魔神(ダイモン)として覚醒する。
「おそらく今のユウは、高淫魔となってまだ日が浅い。危険な状態であるのは変わらないが、今ならきっと救えるだろう」
 それは、どういう意味か。
 
 ──お前にはお前の救い方があるし、魔神化する前に救う方法はそれしかない。

 ──他の誰でもない。お前だけにしか出来ない救い方だ。

 ──だからこそ、俺達はわざわざ未熟で阿呆なお前をユウの元に向かわせるんだ。

 実際、哉汰もなんとなく感づいてはいた。
 男達に抱かれていたユウの髪が、段々暗く濁っていったことがあった。
 あれは、ユウに性遺伝子……精子をフェラチオで提供する前の事だ。
 だが精子を与えるようになってからは、髪の色が元のピンク色に戻らなかっただろうか?

 穢された体と魂は、哉汰の性遺伝子……おそらく「純魔力」とでも言うべきもので、浄化出来るのだ。

 でも高階の口から直接聞かされるまで、それを自分ではどうしても認められなかった。
 ただの自分のエロ妄想だったら、取り返しがつかないからだ。
 たとえ高階の表情が「それが正解」だと言っているように見えたとしても。続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★