■感想など■

2012年08月25日

【ボクキミ】ユウ10

■■【10】■■

 11月12日、土曜日。

 モデル姿で呼び出された学校のクラブハウスには、「彼」を含めて7人の男達がいた。
 「彼」以外は、あの日、10月31日に同じこの部屋にいた5人と同じく、覆面プロレスラーが着けるようなマスクを着用している。6人の覆面男だ。その中に、あの時の5人が含まれているとしても、今日は1人増えている。これが「彼」によって集められた者達だとしたら、彼らはどれほどの“真実”を「彼」に吹き込まれているのだろうか。
 真っ赤なチョーカーを付けられ、声が出ないようにされた後、ユウは裸に剥かれてマットレスに転がされた。形ばかりの抵抗もしてみたが、すぐに意味が無いと思い、させたいようにさせた。
 汗と埃と、何かわからないような匂いが混じりあった不快な布地は、肌にべとつくような感じがしてゾッとした。
 何度も使われているのだろうか。
 ひょっとしたら女子生徒を連れ込んで、ラブホテル代わりに使っていたのかもしれない。

 ──今日はこの7人を相手にするのだろうか。

 ぼんやりと見上げたユウの前で、男達が服を脱いだ。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★