■感想など■

2012年08月26日

[THEM]『Piece.06』「ミッションX」〜孤軍奮闘〜

「やっぱり人形とかがいいんじゃねーか?」
 機械油の染み込んだフライトジャケットをハンガーにかけながら、不精髭に覆われた顎をざらりと撫でて艇長は言った。
「いや、もうすぐ学校じゃないですか。カバンとか新しいノートとか、そういう役に立つものの方が良くないですかね?」
 仕立ての良いダークブラウンのスーツを着込んだ紳士が、ニブル産の紅茶の香りを楽しみながら思慮深く言う。
「新しいフライパンが欲しいって、前に聞いたことがあるぞ?」
 いかつい顔の巨漢は、褐色の隻腕でビールの空缶を握り潰してぼんやりとつぶやいた。
「心がこもってさえいれば何でもいいと私は思うが……」
 そこらの女性よりも遥かに綺麗な長い黒髪を揺らして、普段は寡黙な美丈夫が誰ともなしに口にする。
「そういうのオイラわかんないけど、オイラだったら新鮮な野ウサギがいいなぁ」
 眠そうにカーペットの上でまどろんでいた隻眼の獣が、ふあっと大きな欠伸をしてから言った。
『いや、それはダメだろう』
 4人の男は心の中でほぼ同時に溜息する。
 問題は山積で、道のりは険しく困難だった。

 タイムリミットまでもう2日も無い。
 2日目の夜には作戦は決行され、そしてそのミッションは完璧に行われなければならなかった。失敗すればたちまちのうちに信頼を失い、そしてそれは築き上げた友好関係を瓦解させ権威の失墜さえも招きかねない。それだけはここにいる勇者達全員にとってどうしても避けたい事態だった。
 たとえそれが、どんなに絶望と困難に満ちた、危険極まりないミッションだったとしても。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★