■感想など■

2012年09月08日

【ボクキミ】ユウ12

■■【12】■■

 毎日毎日、いろんな男達に抱かれていると、何が良くて何がいけないのか、なぜこんな事をしているのかしなくてはいけないのか、しなくてはいけないようになってしまったのか、その理由も境目も、どんどん曖昧になってゆく。
 放課後や学校の無い日は朝から呼び出された。何人もの男達に、何度も何度も膣内に射精されて精液を“吸収”し、微々たる魔力を蓄えると、その魔力を回復・飛翔・再変身・衣服再構成などの“基本的”な魔術行使に使って哉汰の元へと訪れる。そこで莫大な魔力を蓄え、優也に戻り“全て”をリセットすると、最後には「彼」に全てを“上書き”されるようにして抱かれて“体を適正化”された。
 ただし、帰宅して優也へと戻る前には必ず、ケガレ対策のためのアンカー設置や『函(パンドラ)』の展開用に、いつでも起動出来る状態にまで術式を織り込んで無意識域にストックセットしておく事も忘れなかった。それはユウとしての、ウィッチとしての最後に残った矜持だったのかもしれない。
 その上で、平日の翌朝には必ず学校に行く。

 毎日が、その繰り返しだ。

 哉汰とは、学校ではもうほとんど話が出来なくなっていた。毎日、深夜まで体を酷使し、気力・体力を使い果たしていたから、学校にいる時だけが唯一心身を休められた。そのため、教室では授業中でも机に突っ伏して寝ている事が多くなり、よくぼんやりとしてしまい、事情を知らない高階以外の教師や、心配そうな哉汰に注意される事も一度や二度ではなかった。
 やがて「彼」から学校にいる時にも呼び出され、ケータイに「命令」が届くようになると、優也にはとうとう心休める場所が、夜に訪れる哉汰の家以外、無くなってしまった。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★