■感想など■

2012年09月16日

[THEM]『Piece.08』「夜の露天風呂で星空を」〜強くて弱いあなたへ〜

 冷気が、しんしんと肌に染みてくる。
 空気は澄んで、空には満天の星々が煌(きらめ)いていた。視線を上げれば、薄蒼い空をダガー(小刀)で切り取ったような、漆黒のシルエットがなだらかな稜線を描いて鎮座している。
 湯煙に霞む岩肌は、ごつごつとしたシルエットでありながら表面はすっかり角が取れ、肌を傷つける事は無い。そして所々に茶色い苔(こけ)がこびりつき、この宿の刻んだ年月を感じさせている。

 来て良かった……と、エアリスは思う。
 しみじみと、そう思う。
 身を沈めた湯面には、落ち葉が浮かんでいた。それを摘んで、エアリスは“ぺいっ”と湯船の外に捨てる。落ち葉が沈んでいようが虫が浮かんでいようが、露天風呂に入る以上はそんなのはとっくに承知しているので、いまさら気にしてなどいられないが、目の前に浮かんでいればやっぱり気になってしまうものだ。
「うわぁ……なんかすごいね……」
 感嘆したような声に振り返れば、涼風にたゆたうような湯気の向こうに、白いシルエットが浮かんでいた。
「私、露天の岩風呂って初めてかも」
 健康的な色の肌に白いバスタオルを巻き、綺麗……というより、どこか子供っぽさを残した可愛らしい女性が立っていた。バスタオルの、胸元と腰の前の部分を手で抑え、歩く時に裾が捲れないように気をつけているようだ。
 ぴったりと巻きついたバスタオルにメリハリのある体の線が浮き立って、その“どかん”とした“すげぇ”バディを際立たせている。隠しても隠しようが無いほど豊かな胸が、バスタオルで左右から押さえ込まれて、胸の谷間をアイシクルエリアのクレバス(氷裂)のように深く見せていた。
「遅いよティファ。何してたの?」
「仕方ないでしょ? 髪が多いんだもん」
 ちょっと唇を突き出し、綺麗な形の眉を“きゅっ”と寄せてみせたティファは、お尻まであった艶やかな黒髪をアップにしていて、確かに少し重たそうだった。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★