■感想など■

2012年10月06日

【ボクキミ】ユウ16

■■【16】■■

 12月20日、火曜日。

 ──この日から、ユウは優也に戻ることをやめてしまった。

 「彼」のモノである限り、哉汰には絶対に手を出さないし、真実を伝える事もしない。
 ウルフに対しては、今まで通り接し自分から詳細を報告しない限り、彼らに察知されるような事はしない。
 そう、「彼」は約束してくれた。
 自分が側にいて哉汰に危険が及ぶよりも、離れる事で逆に護れるのではないかと結論付けたのだった。
 馬鹿で愚かな考えだった。
 正常な状態であったなら、ユウもきっとそう思っていただろう。
 だが、悲しいかな、ユウはもう普通ではなかった。正常ではなかった。
続きを読む

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★