■感想など■

2009年05月06日

第1章「男と女の境界線」

■■【4】■■
 目が覚めた時、圭介は一瞬、自分がどこにいるのかわからなかった。
 体が、ドロドロに溶けてしまったかのようだ。息をする事で、かろうじてコレが自分の体なのだと認識出来る感覚…………。
 熱い。
 服を脱いでしまいたい。
 ここは、どこだろう?
 白い天井。
 蛍光灯。
 クリーム色のカーテン。
 声。
「…………こえ…………??…………」

 声が聞こえる。

 叫ぶ声。
 ボールを追う声。
 掛け声。
「お、起きたか?」
 体が動かず、顔をちょっと動かして目だけで声の主を探す。すぐ、ザッ…………とカーテンが引かれて、髪の短い、やけに整った顔立ちの女性が顔を出した。
「ソラ…………せんせ…………」
「まだ体が動かねーだろ?いいから寝てろ」
「ここ…………は…………」
「私がいるとこって言ったら保健室しかねーよ」
 ああ、じゃああれは体育の授業のサッカーの声か。
 圭介は、ぼんやりとした頭で今日の時間割を思い出そうとして…………思い出せなかった。
 今日は何曜日だっただろう?
 それで、今はいったい何時?
「…………ぐ…………ぅ…………」
「お?あああああ…………ちょっと待て待て待て待て待て!!」
 喉の奥からこみ上げてくる灼熱のモノを堪えると、美智子が慌てて枕元の洗面器を持ち、圭介の上半身を抱き起こした。
「…………うぇっ…………げっ…………げえっ…………」
 朝食べたマッシュポテトのサンドウィッチとスクランブルエッグとブロッコリーと人参とキャベツのサラダ“だったものたち”が、どろどろと洗面器に敷いた紙の上に溜まっていく。ツンとした刺激臭に再び胃がぐるりと動き、口の中に大量の唾液が溜まった。
「全部吐け。吐いちまえ」
 美智子の手が、言葉の乱暴さとは裏腹に優しく優しく圭介の背中をさすった。
「…………ぅ…………ぐっ…………」
 ひとしきり吐くと、ずいぶん楽になった気がする。美智子の差し出した水を飲むと、清涼な感覚が胃の腑まで滑り落ちていくのを感じた。
「もう、いいのか?」
 声が出なくて、圭介は“こくっ”と頷いて再びベッドに横になる。
 美智子は洗面器を持ってカーテンの向こうに消え、圭介は急に心細くなって彼女が再び姿を現すのを辛抱強く待った。
 甲高い笛の音と男子生徒の叫び声が、カーテンの向こうの開け放した窓から聞こえる。ゴールしたのか、またはファウルしてしまったのか。
「もうちょっと、寝とけ。私はここにいるからさ」
 カーテンの間から顔を出した美智子は、今まで見た事も無いくらい優しい顔をしていた。


 結局、あの後、圭介は再び吸い込まれるようにして眠りに落ち、再び目覚めたのは、昼休みのさなかだった。
「あ、けーちゃん、起きたよ?」
 圭介の額の汗をハンカチで拭いていた由香が、思わず声を上げてカーテンを開いた。その動きに誘われるように圭介が視線を巡らせば、保健室のテーブルから立って健司が歩いてくる。口に咥えているのは箸のようだ。たった今まで弁当を食べていたのだろうか。
「…………今、何時だ?」
「あ、起きちゃダメだよぉ」
「大丈夫だよ。なんか、もう平気みたいだ」
 起き上がろうとする圭介を、由香が支える。手に持った弁当箱をサイドテーブルに置いて、健司が手を貸した。
「もうお昼だよ?けーちゃん、ずっと寝てた。由香ちゃんなんて、休み時間のたびにここに来てたんだよ?」
「だって…………心配だったんだもん」
 手に持ったハンカチを、きゅっと握り締める由香は、心底ホッとした顔をしている。その顔はまるで、
「まるで、子供の心配するお母さんみたいだった」
 健司が、圭介の心を読んだかのように言う。
「…………せめて、弟くらいにしといてくれよ」
「彼氏でもいいんだけどね」
「ふえっ?」
「ばか。なに赤くなってんだ」
 健司の後では、いつの間にか美智子がニヤニヤと笑いながら3人を見ていた。由香と健司の過保護っぷりが、よほど可笑しいのだろう。
「今更だけど、救急車……呼ぼうか?」
「いいです、ここんとこ無かったけど、中学の時も年に何回か、こういう事があったから」
「ま、そうだろうと思ったよ。お前のオヤジさんに電話したんだけどさ、なんか、あんまり心配してなかったしな」
「……薄情モノめ」
「で、お袋さんには連絡しない方が良かったんだろ?」
「…………正解です」
 あの母親に「学校で倒れた」なんて言ったらどうなるか、考えただけで恐ろしい。今日は午後からテレビの収録があるはずだけど、そんなものは当然のように投げ出して学校までやって来るだろう。そして涙目になって「だから今朝、休めば?って言ったじゃないー!」とか言いながら救急車を呼ばれて、そのまま病院に担ぎ込まれて軟禁されてしまうのだ。
「さっきまで、はるかちゃんがいたんだけどね」
「はるか先生、すっごく心配してたんだよ?今、けーちゃんのカバンとか取りに行ってる」
「今日はもう帰った方がいいって、さっき言いに来たんだ。カバンは俺達が取りに行くって言ったんだけど、これも担任の仕事とか、相変わらずワケわかんない事言って走っていっちゃった」
 由香の言葉を受けて、健司が肩を竦めた。いつも穏やかな顔をしているけれど、彼も心からホッとしているのは明らかだった。
 長年付き合いのある圭介には、それがわかる。

「あ、はるかちゃんかな?」
 少しして、パタパタパタパタパタパタパタパタ……と、けたたましい勢いでスリッパの音が近づいてくるのが聞こえた。生徒は靴型の上履きだけれど、教師は各自用意のスリッパなのだ。
「カバン持ってきたわよ。ねえ、どう?山中クンの具合」
 ガラッと引き戸が開き、髪をソバージュにして黒縁眼鏡をかけた女性が、両手でカバンを抱えてパタパタと入ってきた。
 臙脂(えんじ)色のスーツに薄いピンクのシャツ……という出で立ちは、学校の先生というよりどこか進学塾の講師……といった印象だった。けれど、それに対して顔付きは、教師二年目にしてはまだまだ学生っぽく、にゅにゅにゅと垂れた目とぷくぷくしたほっぺたが、年齢よりもずっと若く、可愛らしい印象を与えている。おまけにスリッパは大きなヒマワリの描かれた、やらたとファンシンーなヤツだ。
 …………誰か、このスーツにこのスリッパは壊滅的に似合ってませんよ?と進言する生徒はいなかったのだろうか?
 トータルとして、制服を着たら「ああ、こういう生徒いるいる」とか言われそうで、生徒から「はるかちゃん」と呼ばれるのも、ある意味仕方ないのかもしれない。
「あ、山中クン目覚めたんだ?どう?もう大丈夫?どっか痛いとことか気持ち悪いとか無い?あ、吐いちゃったんだっけ?お腹とか空かない?一応、パンとか買っといた方がいいのかな?って思ったんだけど、高尾先生に『そこまでするのは教師の担当範囲を逸脱してる』とか言われちゃったもんだから買ってないの。あ、でもお弁当はまだだから、もしお腹減ってたら先生のお弁と」
「落ち着け」
 すぱーーん……と、いきなり美智子が手に持ったファイルで女教師の頭をはたいた。
 ……いい音がした。
 全く容赦してないのが、由香にもわかった。
「いっ…………たあぁい!」
「入ってきた早々マシンガンみたいにしゃべくり倒すんじゃないよこの子は」
「だってだってだってだって心配じゃないですか!心配したんですよ?朝のホームルームで3人いなくて遅刻かな?って思ったら浜崎クンが山中クンが倒れたから谷口クンと山野辺サンが保健室に連れて行ってるって教えてくれて、でも初めて持ったクラスで何かあったらって担任として不安で不安で不安であたまぐるぐるしちゃって……きゃっ!」
 ぷるぷると震えながらファイルを振りかざした美智子に、はるかが慌てて頭を抱えてしゃがみ込んだ。ひとめで2人の関係……というか、力関係がわかる構図だった。
「ぼーりょくはんたーい……」
 しゃがみ込んだままコソコソと美智子から距離を置き、由香の影に隠れながら右手でコブシを振り上げたりする姿は、とても教師には見えない。
 ……しかも涙目になっていた。
 いつもの事とはいえ、こういう教師に授業を受けている自分達の運命というか、不幸というか、とにかくなんだかそんなようなものに、漠然とした不安をどうしようもなく感じてしまう圭介達三人だった。


 救急車はさすがにオーバーだという事で、学校にはタクシーが呼ばれた。担任のはるかは午後から授業があり、また、美智子はいつ何があるかわからないため、職場である保健室を離れるわけにはいかなかったからだ。他の教師が送っていく事も考えられたけれど、そうすると話が大きくなりそうで、それは圭介の方から辞退したのだった。
 病院に直接向かう事をはるかは主張したが、意外にも美智子がそれを却下した。状態も安定したし、悪化してもいないため、自宅で休んだ方がいいだろう……というのが彼女の意見だった。
 原因は不明のままだ。
「成長期だから不安定なんじゃないかな?」
 と美智子は言ったが、それにしても微熱が長く続き過ぎる。
 圭介は、もやもやとした得体の知れない不安を胸に仕舞い込みながら、タクシーまで背負ってくれる健司の背中で、小さく溜息をついた。

 来客用の正面玄関に横付けされたタクシーが、廊下のずっと向こうに見える。保健室は正面玄関の正反対の位置にあるため、少しだけ距離があった。
 圭介は健司の背中に揺られながら、弟分のはずの幼馴染が、すっかり男の体格になっている事に今更のように驚いていた。やはり、いつも見てはいてもこうして触れるのとでは実感が違う。
 健司の背中は、広く、そして逞しかった。
『小さい頃はあんなにちっちゃかったのにな……』
 昔は自分が兄貴分として護ってやった背中に、今はこうして背負われている事が、圭介の心に少し痛みを感じさせる。
 嫉妬……だろうか?
 けれど、泣き虫で自分の後に隠れているしかなかった幼馴染が、いつの間にかこんなにも逞しくなっている事が、どこか嬉しくも感じるのだ。
 そして、ほんの少しの寂しさも。
 もう、自分はコイツを護ってやる事は、出来ないんだろう。
 そう……心に思い浮かべて。
「悪いな健司」
「いいよ。けーちゃんには昔から世話になってるし。たまには俺にも世話させてよ」
「オマエって、イイヤツだよな。オレが女だったら惚れてるぞマジで」
「けーちゃんに好かれてもなぁ……こんな手のかかる彼女じゃあ苦労しそうだ」
「なんだとコラ」
「くっ苦しい苦しい苦しいぃ〜落っことしちゃうよ、けーちゃん〜」
 健司はいいヤツだ。
 健司のそばにいてやりたい。
『いや、そうじゃない……な』
 圭介は健司の首をぐいぐいと締めながら、ひっそりと思う。
『オレは健司のそばにいたいんだ』
 いつかきっと、自分にも、そして健司にも彼女が出来るだろう。
 そして、卒業。
 健司の志望する大学が、自分とは別の大学だと聞かされたのは、いつだっただろうか。
 やがて自分と健司は別々の道を進み、そして、それぞれいつか恋人と結婚する。
 別の家庭を持ち、きっと、年に何回か会うだけの…………そんな、関係に、なる。
 今感じているこの友情も、いつか色褪せ、思い出になって風化してゆく……。
『何考えてんだオレは……ホモじゃあるまいし……気持ち悪い……』
 圭介は、熱くなる目頭を強引に擦って、自分の考えを振り切った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28898750

この記事へのトラックバック

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★