■感想など■

2012年06月11日

【ボクキミ】46

■■【46】■■

 この後、12月25日のクリスマスから28日の水曜日まで、ユウは様々な場所で、様々な男達と、様々な格好で抱かれていた。
 まるでヤクザに連れ回されるクスリ漬けの情婦か、暴走族に拉致された性処理用の哀れな犠牲者のようだった。
 便利に扱われ、遊ばれ、どこでも、そして誰にでも、好きな時に好きなように抱かれて膣内に汚液を流し込まれている“便利な女”そのものだ。
 変身を解けば消えるはずの傷や痣(キスマーク)が日を追う毎に変色し、そしてその数も増しているのを見ると、優也はクリスマス前後か、それよりずっと前から、女──ウィッチ・ユウで居続けているようだった。
 哉汰からの魔力供給も受けずに、こんなに長期間、女性の姿で居続け、その上、セックス漬けになり「女であること」を刻まれ続けて、ユウは心身共に疲弊しきっているように見えた。
 時々ある動画でも、目は虚ろで意味のわからない言葉を呟き、普通に立っているだけのはずが、ゆらゆらと揺れている。
 ユウとしてのアイデンティティが崩壊しつつあるのか、精神に変調を来しているのは明白だったが、男達は全く気にしていないようだった。

 12月29日の木曜日のページでも、ユウはオモチャのように扱われ、その身体に男達の行為を刻まれ、それでもへらへらとした笑みを浮かべながら男達の“精液便所”となっていた。
 この日、フリーのアドレスボックスに差出人不明のメールが届き、哉汰はこのサイトを知ったのだ。それが幸か不幸か、唯一の手掛かりなのは皮肉以外の何物でもなかったが。

 30日の金曜日は、何か大きなイベントらしきものに連れ出されたユウが写っていた。
 そしてそれは、「便所女」の姿でありながら、サングラスをしていない、初めての画像だった。
 どこかのクラブでの年末イベントだろうか。
 そこに、気だるい表情でイスに座る「便所女」がいる。
 今までとは雰囲気がまるで違った。
 綺麗だった。
 美しいと形容してもいいほど、大人の女っぽい姿と顔付きだった。
 首の真っ赤なチョーカーはそのままに、胸元が大胆に開いた薄紫色をした薄手のドレスを着て、化粧までしていた。
 睫が長く、アイラインがクッキリしている。
 チークが濃いめで、頬にパールが入っていた。
 長い黒髪は結い上げて後頭部でアップにしていた。
 イヤリングは大粒の宝石で、胸元にもネックレスが光っている。
 金のブレスレットをして、指にも輝く指輪をいくつもしていた。
 着飾っている。
 妖艶とも形容していい雰囲気だ。
 キャバクラのNo.1ホステスか、人気イベントコンパニオンみたいにも見える。金持ちの愛妾か、政治家がパトロンをしている芸術家のような雰囲気さえあった。
 男に愛され、男の精を受け、男に磨かれ、男を悦ばせる「女」そのものだった。そこには優也とウィッチ・ユウが共通して持っていた、あの優しい雰囲気などまるで無かった。
 その「便所女」がテーブル席に座っていた。
 目はどこか虚ろで、心などどこかに置き忘れてきたような雰囲気があった。
 一人ではない。
 隣に男がいる。
 いかにもな風体の、貫禄のある中年男だった。
 ユウをドレスアップし、宝石で飾ったのはこの男ではないか?
 哉汰は直感でそう思った。
 その中年が、抱き寄せた「便所女」の耳に唇を寄せ、片手に余る巨大な左乳房を揉んでいる。
 乳房は、いくつものキスマークや歯形などの傷や痣で、薄汚く彩られていた。
 その乳房を、男の左手が揉んでいる。
 服の上からではない。
 ドレスの脇から手を入れて、直接揉んでいる。
 胸元がはだけて乳房がこぼれ出て、男が何をしているのかがハッキリとわかった。
 男の親指と人差し指に挟まれ、絞り出されるようにして濃くなった乳暈(にゅううん)がぷっくりとパンケーキのように膨らみ、大きめの乳首が勃起している。その勃起乳首は濡れており、照明に照らされてキラキラと光っていた。

 別の画像に、その理由があった。
 男が「便所女」の胸元に覆い被さり、乳房に頭を寄せていた。「便所女」は頤(おとがい)を上げ、うっとりと目を閉じて男がするままに任せている。唇が少し開き、真珠のような白い歯が覗いていた。
 乳を吸われているのだと、哉汰にはすぐにわかった。
 それは、自分が「乳吸い」をした時のウィッチ・ユウの表情そのものだったからだ。
 クラブには他にも数人の女がいた。
 皆、「便所女」と同じような格好だ。メイクアップして、ドレスで着飾っている。どちらかというと舞踏会やダンスパーティなどが似合いそうな格好で、ラッパーやロッカー風の男達に囲まれているのは少なからず違和感を感じさせる。
 ブラウザをスクロールさせていくと、「便所女」は個室らしい部屋でソファに座らされ、その白くて長い両脚の足首を掴まれたまま大きく開かされていた。
 画像に写るのは「便所女」の顔と、右乳房と、両脚と、浅黒い肌をした男の後頭部と龍の入れ墨の入った背中と引き締まった尻だけだ。
 だが何をしているのかは明白だった。
 男は「便所女」の股間に自分の腰を打ちつけているのだ。
 激しく、何度も、硬く屹立した杭のような剛直を、まるで子宮を押し潰すような勢いで打ち込んでいるのだ。
 「便所女」の口は大きく開き、赤い舌が踊って涎が垂れていたが、サングラスを掛けていない目元は赤く染まり、虚ろに潤んだ瞳からは大粒の涙がポロポロといくつもこぼれていた。

 また別の画像では、廊下らしい狭い通路でバックから犯されている「便所女」が写っていた。廊下にはドリンクのケースや安酒の瓶が雑然と置かれている。そんな場所で「便所女」は壁に右手をつき、左膝を抱えられ、結合部をカメラに晒したまま犯されていた。
 その男は十代後半に見えるロッカー風の男だった。「便所女」の左手を右手で掴み、バランスを取っていた。膣に半分ほど入っている男恨は太く、ぬるぬると濡れている。「便所女」の前傾した身体から垂れ下がった、内出血だらけの椰子の実のような巨大Lカップが、その揺れでブレていた。
 膣内を擦る男恨の生み出す快感をじっくりと楽しむように目を瞑る「便所女」の口元はだらしなく開き、涎が糸を引いて垂れ落ちていた。

 その後も「便所女」は様々な場所で男達に抱かれ、犯され、弄ばれていた。
 トイレの個室。
 屋上らしき場所。
 階段の踊り場。
 裏口らしき場所。
 引き回され、入れ替わり立ち替わり男達に精液を膣に注がれている「便所女」は、便利な「移動用便器」そのものだった。

 膣に射精した後は、その様子を撮影するように言われていたのかもしれない。
 男達に抱かれた後は必ず、股間が広げられて白くどろりとした精液が膣口から溢れ、零れ出てる画像があった。
 その画像は、立ったまま自分で尻を広げたもの、男に指でこじ開けられているもの、自分で膝の裏を持ってM字に開脚しているもの、片足を上げた状態で精液が垂れ落ちているものなど、全部で16枚あった。
 この日、ユウは最低16人の男に膣内射精されたのだ。

 そして一番最後の画像は、イスに座ったあのヤクザ風の中年男の上に裸で跨り、情熱的なキスをする「便所女」の姿だった。
 結い上げていた髪は半ば解け、白い背中に乱れ落ちている。身体を飾る美しいアクセサリーが、逆に男達に刻まれた痣や傷を際立たせて「便所女」を薄汚れた場末の風俗孃か、生活に疲れきった娼婦のように感じさせていた。
この記事へのコメント
推力さん……優也が……
優也がいったい何をしたって言うんだよ……!
優也は今までこの街のためにケガレと戦ってきたんだろ!
なのになんで!!
なんでこんな……こんな仕打ちができるんだよ!!
GJ!!

濡れてて→濡れていて
Posted by 青玉 at 2012年06月11日 00:23
 最後のGJ!!で吹きましたw

 「濡れてて」は、アップを確認した際に気になったので直してあります。
Posted by 推力 at 2012年06月11日 01:43
でもかわいそうですよ、やっぱ。
Posted by 青玉 at 2012年06月11日 20:50
作者よ!
私は帰ってきた!
と思ったらいまだにすごいことになってる・・・。まあまた追わせていただきます。
Posted by アンディ at 2012年06月12日 10:20
>青玉さん
 そうですね…。書いてても気が滅入りますが、一方でエキサイトしてる自分もいるのです。こう、「うひょー!」って(変態です)。

>アンディさん
 穴掘りの方かと思ったら実はGP2パイロットの方でしたか。
 「まだ」ですね。
 もうちょっと毛色の違う作品もアップしとかないとしんどいですね。
Posted by 推力 at 2012年06月12日 11:50
便所女にもだえ苦しみけど興奮する自分。たまらないです。うれしい。うらやましい。寝取られマゾに最高のご褒美いつもありがとうございます。
Posted by たま at 2012年06月13日 17:46
>たま さん
 ……業が深いですね…。
 人の事は全然言えませんが(笑)。
Posted by 推力 at 2012年06月13日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55597682

この記事へのトラックバック

★足跡代わりにポチッとしてってくださいな★